カテゴリ:



進学で実家を出て十数年


去年、里帰り出産のため
久々に一緒に暮らして分かったこと


0201749C-FE53-493D-85CA-0319FFD78032
私にはごちゃごちゃに見え
ストレスを感じるこのキッチン(キッチンカウンター部)も

 
母にはひとつひとつが、すべて意味のあるものなのだ 


それに、よく見ると
ごちゃごちゃしているのに、埃がない!


きちんと管理されているんだ


だけど、キッチンからはみ出したものが、
ダイニングテーブルを占拠しているのだけは
なんとかして欲しいし


モノで溢れている2階は(3部屋ほど)
何とかしないとさすがに不衛生じゃないかと…


あぁ、やっぱり実家の片づけがしたい


んが、母の壁は大きい




「捨て活 実家編3日目」 
(捨てルール / 自分のものだけ)



<写真を撮り忘れた!!>
【捨てたのは写真】


まだ、あった。
中学時代のもの。
ちなみに、昨日捨てた手紙もまだあったので捨てた。




09D6ED90-710A-4E6B-B097-417C00A33123
これは、捨てれなかったもの


高校時代もらった友人からの手紙

タイムカプセル状態で出てきた手紙は
冒頭だけ読んだり、そのまま捨てたりしたけど
この子からもらったものだけは

読みふけってしまったし
今後も読み返したいと思った。


今も仲良くしている、数少ない友人

一緒のクラスになったことも
同じ部活でもなかったし
どうやって仲良くなったのか…不思議


そうゆう、不思議な縁で大切な友人


これは大切に置いておこう。




以下、

ふと思ったこと(実家の片づけについて)



最初の写真のキッチンがここ最近の
スタンダードになっていて忘れていたけど

進学前、私が親元を離れる前は
今のようにモノが溢れてはいなかった…


よく見る「実家を片付ける」
という、記事などに登場するお宅も
子供の手が離れてからこんな感じになっているのかな

何かその辺にヒントがあるのかな